--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-22

長襦袢の着こなし入門



仕事仲間に教えてもらった「長襦袢の着こなし入門」

「きもの」や「帯」に関する書籍はたんまりあるけど、「長襦袢」に絞った書籍は初めてかも。
襦袢の種類(対丈とか長着仕立てとか二部式とか広衿仕立てとか・・・)や、素材のあれこれや襦袢ときもの組み合わせ方とか。。

衿についても詳しく解説が。三河芯を使う場合と、衿芯を使う場合。

ぱらぱらっとめくっただけですが、情報たっぷりな感じ。


----転載----
きものと長襦袢の仕組みを建築に例えれば、家を建てるための地ならしが、きものを着るための下着と補正にあたり、家の形となる柱組は長襦袢ということになります。
~~~~~
人は会話をするとき感情表現として手を動かしています。そんな上半身の所作に伴って、きものの左右の袖口から、中に着ている長襦袢の色が見え隠れします。きものと比較すると、見える分量はとても少ないのですが、その色が顔色や表情を美しく、豊かにします。
------------

きものの着こなしは長襦袢にありと、笹島寿美さんが仰っています。


襦袢の着付け方も紹介されているし、男性の襦袢についても。
「裏勝りの粋」一歩先を行くモダンなセンス、秘め事を背に負う喜び。男の洒落心は隠れた長襦袢に凝ってこそ、心底発揮されるもの・・・って書いてあります。(^^)



それから~。

最新号の七緒は、「着付け」をクローズアップしていました。なんと、DVD付ですって。
着付け教室に行かなくても着れちゃう。。。そうです。。。

基本的がことが解説されているので、手元にあると重宝しそうですよ。




かいつまんだ情報で申し訳ないですが・・・半衿つけてて針がチクッとささっちゃうことって・・ありますよね。^^; あっという間に、半衿や襦袢に赤いテンが。。。(ToT) そんなときは、大根おろしをそのテンの上にのっけるとうっすらと気にならない状態になるんだそうです。たちまちの応急処置として紹介されていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごく興味がありますわ~、そのタイトル。
確かにそうだ。
私も着付けをさせて頂くとき、長襦袢がピシッ!!と決まれば
あとは着物をのせていくだけ・・・というような気がしますね。
補正と長襦袢には、やはりとても神経を使います。

自分が着るときには、そこまで神経つかわない・・・
だからなの? 着姿がいまひとつなのは・・・(笑っ)

No title

へー
最近七緒から遠ざかってましたが、チト探してみようかな♪♪

私の着付けは最近グダグダで、とても人前に出れるような状態じゃない事を最近実感しましたorz

勉強せねば!!!

No title

>お杉さん(^.^)
補正は着姿を左右しますね~。
ラクに着たいから補正しない・・っていう方もいらっしゃいますが、それはそれで着付けを工夫されているから、着崩れてないし。
自分なりのポイントを見つけていきたいなぁ~。

着付けのお仕事、順調のようですね☆

No title

>ひろちゃん(^.^)
今回の七緒は基本に戻っているので、一冊手元にあると何かと役に立ちそうですよ~。
私もいま、熟読中ですっ(^_-)-☆

No title

骨董市などで、
男物の長襦袢で面白い柄のものをたまに見かけます。
明日からのフードフェスティバルでも蚤の市があるので
いろいろ見てこようと思っています。

No title

>Hatterymanさん
お久しぶりです!
フードフェスティバルでは何かよいものありました??
男性の長襦袢は粋な柄が多いですよね。
見えないところのオシャレ。(^^)

No title

ご無沙汰しております。
今年のフードフェスティバルでは
リサイクル着物の出店がなかったようです。
古布を使ったリメイク作品は見かけたのですが。
11月2日にまた「千田わっしょい祭」のフリーマーケットに出店する予定なので、
フードフェスティバルで何か(安くて)面白いものがあれば
看板商品にするために仕入れようと思っていたのですが、
ピンとくるものが見つかりませんでした。

No title

>Hatterymanさん
千田わっしょい祭!!
去年も出店されていましたよね~。
教室の日なので行けそうにありませんが、お天気に恵まれますようにっ!!

No title

「長襦袢の着こなし入門」 買いましたッ♪♪
とてもためになる一冊!! 情報ありがとうです。

恥ずかしながら、長襦袢に“長着仕立て”なるものがあるなんて
今まで知りませんでした。
知っているのと知らないとでは、いざそういう場に直面した時
あわてなくてすみますよね。

ところで・・・・その長着仕立て、おはしょりをつけて着ると
対丈に比べてもこもこしそうだけど・・・・。
あっそうか、逆に補正になるっ!その分、補正を減らせばいいんだわ。
まだまだ勉強! ず~っと勉強ですわ。( ^o^)

着付けの仕事-----それが順調とは言いがたいです。
いろいろ壁にぶちあたりまして・・・・・・。
これについては、別メールさせてもらいますね。

No title

>お杉さん(^^)

私も去年、偶然に“長着仕立て”の襦袢をリサイクル市でゲットするまでは知りませんでした。^^;

なんでこんなに着丈が長いんだ・・?ま、私の背には余るくらいがいんだけどぉ~なんて思っていたら、それが長着仕立ての襦袢!

知らないこと、多いですわぁ。

確かに、襦袢のおはしよりは補正にもなりますね。特に冬は絹の重ね着になるのでお腹まわりは温かいですよ~。

私でよければ、ご連絡くださいねっ☆
黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。