--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-18

1本の帯なのに変幻自在♪


帯って面白い。少し長めの半巾帯を使って遊んでみました。

【命名:文庫たらし】
よくある文庫結びですが、私、背が高いので羽根を思いっきり長く垂らしてみました。(一般的に羽根の大きさの目安は肩幅くらいなんですけどね~)

で、手先を外に出して羽根の結び目が隠れるように覆いかぶせています。私の場合、人の視線がちょうど羽根の結び目あたりにくるそうなんですよね。最悪、ちょうどお尻に目線がくることも・・・。 ^^; 

なので、なるべく帯はボリュームをだし、視線をお尻から外して帯全体の形にもっていかせたいなぁと苦労しています。(笑)




【命名:半巾太鼓】
とっても分かりづらい写真ですが、半巾でお太鼓風にしあげています。帯締めを使って“たちあがり”と“タレ”をつくっています。(分かるかナァ・・・)

簡単に手順をご紹介しますと・・・
左右に羽根をつくったらタレを帯の結びめに通してお太鼓のようにふくらみをだします。あとは一重太鼓をつくるときの要領と同じ。帯締めを使って余ったタレをたくしあげタレ先の長さを調節したら完成♪

長めの帯でないと難しいかもしれませんね。


今回使った帯は「嵐山よしむら」の菊をモチーフにした半巾帯。裏面は紫と薄いグレーの2色使いのチェック柄で、表面との対比がとても面白い帯です。長さは410cmですので、通常の半巾(380cm)と比べると30cmも長く、ゆえにいろいろアレンジできるのが面白い帯です。

着物は撫松庵のものでパープル系のブドウ柄ですが、オシャレに“ピオーネ柄”なんてしておきましょうか。(笑)

みなさんは帯でどんな遊びをしていますか?


<お断り>
帯結びにつけているタイトルは私が勝手にアレンジしたものですので、世間一般では通用しません・・・。^^; 「半巾太鼓の結び方教えて~」と着付け教室の先生やお友達に聞いても分かってもらえないと思いますぅ。ごめんなさーい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。