2017-01-22

「着物が引き立つ風呂敷マナー」開催レポ


きものを通じて
気軽に愉しめる和のふれあいを提案する
きもの遊びコーディネーターであり
和の文様をデイリーライフに取り入れる愉しみをお伝えしている
和文様マスター・澤井律子です(^^)



今日は
念願叶っての♪


風呂敷文化研究家でもあり
和文化コンシェルジュとしての活動に力を注いでおられる
つつみ純子先生による
風呂敷講座を開催させていただきました☆

2017012201.jpg


前日にはチューピーカレッジでも講座をお持ちでしたが

ひろしまきもの遊び主催ということで

「着物が引き立つ風呂敷マナー」

というテーマで講座を担当いただきました(#^.^#)


心配された空模様は
スーパー晴れ女のつつみ先生のおかげで
風は冷たいものの良いお天気♪


参加された皆様もお着物(≧▽≦)


いつも通り…!?
着物談義でも盛り上がる参加者さん達☆

2017012200.jpg


こういう光景(*^-^*)

本当に好きです(*´▽`*)



先生が風呂敷と出逢ったきっかけや
着物を着始めた背景を知るほどに

日本だけのことではない…
海外から見る日本の存在価値…

そんなことをも
真面目に考えていかなきゃな~なんて
思った澤井です('◇')ゞ

2017012202.jpg

2017012203.jpg

2017012205.jpg


「着物が引き立つ風呂敷マナー」は

タイトル通り

風呂敷の包み方だけを学ぶのではなく
着物だからこその所作との繋がりを
ほぼ無意識のうちに体感することができました。

洋装のとき



和装のとき

では

姿勢も違えば
心構えも大なり小なり違うもの。


「平包み」を教わり
包んだものを腕に載せたときのあの愛おしい感覚(≧▽≦)

2017012209.jpg

2017012207.jpg

2017012208.jpg



結び方

を覚えるのも大切ですが

それだけではないことを学び


風呂敷

から広がる歴史や背景、和文様、色使い、デザイン性、海外との関係、、、


2017012204.jpg

実にさまざまな広がりを感じました(^^)

祝儀や不祝儀の包み方も
ちょっとした発想の転換で忘れずにいられる…

2017012206.jpg


もっともっと!!
風呂敷を通じて、和文化にふれあっていきたいですね☆


参加者さんは日頃から着物を着ていることもあり
基本の結びや応用編はあんがいアッサリとクリア☆

2017012210.jpg

だけど、所作となるとちょっと違った。。。し
突き詰めると…「なんでだろー」という疑問が
「着物」と通じ合っている部分もあったりで
そんなことをも学ぶことができました!(^^)!

定期的につつみ先生のお話が聞ける機会を
セッティングしていければ♪と
思います!!

2017012211.jpg


つつみ先生、ありがとうございました!!

先生のブログはこちら!
http://ameblo.jp/11264ki/

2009年6月の開設以来…
毎日更新されているんですってーー!


参加くださった皆さま~、ありがとうございました☆


2月23日は、「つつむ」ということで
風呂敷の日です!(^^)!


東京では、風呂敷の日イベントが開催されるようです。
広島でも…便乗しながら盛り上がれるといいですね~(≧▽≦)


さ!!!

バッグに一枚、風呂敷を~(#^.^#)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR