--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-25

SAKURA2月号



SAKURAの如月号が届きました~。今月の特集は「組紐浪漫」。

まだ全部読んでいませんが、組紐の組み方の基本は、組、打、撚、巻が原則だそう。で、それぞれの特徴を作り出すためにいろんな種類の“組み台”があるそうです。

◆高台(たかだい)
◆丸台(まるだい)
◆綾竹台(あやたけだい)
◆角台(かくだい)
◆内記台(ないきだい)

面白いですね。

カルチャーセンターや着付け学校で「組紐コース」なんてものを見かけることがありますが、どんな感じなんでしょう。一度、体験してみたいです。

記事の中に帯締めの房のお手入れ方法が紹介されていましたので、こちらでちょこっと紹介。

----------
【房がぼさぼさに・・・。きれいに整えるためにはどうしたらいいですか?】

湯のしをしてください。
やかんにお湯を沸かし、沸騰した後、房を注ぎ口から15cmほど離して、湯気を数秒当ててください。気をつけて欲しいのは、その時に、付け根には当てないこと。その後、つげ櫛で解いてください。ちょっと面倒ですが、この一手間が、帯締めを長生きさせる秘訣です。

※湯のし前と後では、房の艶が全く違ってくるそう
※湯のしには、つげ櫛が必須。プラスティックは房を傷つけるそう
----------

んー。確かに面倒くさい。。。

みなさんはどんな風にお手入れされていますか?


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

以前、通っている着付け教室の組紐講習会を受けたんですが、とっても楽しかったですよ☆
一時間強で丸組なら丸台を使って完成します。
ぶきっちょさんでも二時間あればきっと完成するは・ず!
素人の私は丸台しかまだつかったことがないのですが、選ぶ糸と機会によって全然仕上がりが変わってくるので面白いです。
自分で組んだ帯締めはすごく締めやすいんです。かなり感動物☆
房の湯のし・・・。先生から「電気ポットの湯気にあててブラッシングしなさい!」と、言われたのですが、やってないです。。。ははは

No title

>イコイさんの手づくり組紐、おしゃれですね~!2時間コースかなー、私の場合・・・。
着付け教室で組紐の授業があるなんていいですねぇ。私が通っていた学校はそんな授業なかった。。。(>_<)
ポットの湯気なら何となく気が楽ですね。いつかまとめてお手入れしないと。。。けっこう悲惨な帯が多いのよぉー。

No title

kitukebijinさん
私も着付けと組紐をしています。組紐の房は習ったのは湯のしですが
私はアイロンの蒸気を当て櫛でといています。

No title

>陽花さん、こんにちは。アイロンの蒸気でもいんですね!ありがとうございます。櫛でとくのも面倒くさい・・・なんて思うのは心が病んでいますかね。^^; 手でぎゅぅっとするだけでも大丈夫だよーと先日、教えてもらったので、櫛をゲットするまではそれでしのいでみようかと。。

ブログ拝見させていただきました!組紐の種類は本当にたくさんあるんですね!私は「丸唐組」タイプが一番好きですね。(^.^)

No title

kitukebizinさん
ブログ見ていただきありがとうございます。
私も丸唐組は年相応の色で組んだので好きです。

No title

>陽花さん、新作、楽しみにしています~。(^.^)

No title

名前の通り美人ですね。いろいろ見せて頂きましたが半襟の使い方など
すごく良かったです。

No title

>陽花さん、こんにちは。遡ってみていただいてありがとうございます。(^.^)
“着付け”の美人さんになれるようにと思ってつけたタイトルなんですが、名前負けしないように磨いていかなきゃ・・・。
今日の広島は雪がちらついています。(>_<)

No title

今年は本当に寒いですね。奈良も時々雪がちらつきます。
色んな事されているのを拝見しうらやましい限りです。
私も冬眠からさめなければ・・・・

No title

>陽花さん、こんにちは!春はもうすぐそこですよ~。(^.^)
黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。