--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-30

昔の知恵:井戸のありがたさを実感



納品に追われていてテレビも見れない日が続いたある朝、新聞を見てビックリ!
「送水トンネル崩落により江田島、呉の一部が断水」

えー!?断水って・・・。しかも、断水エリアに義父・母家族、親戚が住んでいる。。。
電話で様子を聞くと、「大丈夫よ。何とかしのいでいるから。」と仰ってましたが、気になります。

取り急ぎ、ペットボトルを数箱発送し、レンジでチンするごはんやパスタ、ウェットティッシュ、水を使わないシャンプー、トイレ消臭の粉などなど「これ使えるかも!」というものを手当たりしだいスーツケースに詰め込んで、おうちに向かいました。(なんかウルルンに行くみたいなスーツケースになっちゃいました)

時間差でペットボトルが配達されていたのですが、気が動転していたのか、あるいは私の性分なのか。。発送伝票に自分の名前を記入し忘れたので、送り主が五日市のとあるお店の名前に。義父は「てっきり五日市のお店から支援の水が届いたんかと思ったよー」と突っ込みをいれ、さらに、パンパンのスーツケースを見て「りっちゃんは何を持ってきたんかね~」と吹き出してました。^^;

「いろいろ買ってみたんですよー」

飲み水はペットボトルで補給できますが、心配なのはトイレとお風呂。ま、お風呂はお金かかっちゃいますが、銭湯やスパに行けばなんとかなります。問題はトイレ。

と思っていましたが、家の裏手に井戸があるとのこと。なので、トイレは井戸水をくみあげて勢いよく流せば用はたせるということが分かりました。近所の方にも自由に使っていただいていて、みんなで助け合っていました。
(←写真はフリー素材から)

井戸。昔の知恵ですよね。江田島では、井戸水の水質検査を無料で実施しています。コンビニやスーパーでペットボトルの水が購入できる現代は、昔のように井戸から水を汲む、ということをしなくなりました。(蛇口をひねると水はでてくるし) 家を改装するときに井戸をつぶしちゃうところも多いみたいで、ご近所では、ボイラーで井戸を復活させようとしているおうちもありました。

今回の断水、身内が巻きこまれただけに、私自身も「水のありがたさ」をものすごく実感しました。そして、文明の力だけに頼っていてはモロイということも。

幸いにして、呉市の断水は全面解除となりましたが、江田島ではまだまだ断水が続いています。時間給水ということですが、気苦労ははかりしれないと思います。ご近所どおし、ボランティアスタッフの動員など、ニュースを見ながら、人の温かさにジーンときつつ、一日も早い復旧を願っています。

小町きものさんのところは大丈夫かなぁ。。。
スポンサーサイト
2006-08-27

浴衣と猫・・・ちょっと息抜きに



実家に戻ってきました。母にもらった浴衣反物の仕立あがりを見せに・・・。8月も下旬だし、まだ陽がでてる時間帯だったので浴衣で外出することにちょっとばかり抵抗がありましたが、ま、思い出づくりということで。実家の近所では夏祭りだったみたいなので、結果的には良かったのかなぁ。

実家には2匹の猫がおります。数ヶ月前にやってきたばかりの白猫はめちゃめちゃ甘えん坊。抱っこすると、まるで人間の赤ちゃんのように両手(足?)で首にしがみつきます。おまけにものすごい勢いでゴ~ロゴーロゴーロ・・・とノドをならします。鼻息もあらい。^^; そして、寂しがりやさんなので、人のいるところ、相方のお兄ちゃん猫がいるソバが大好き。

でも、お兄ちゃん猫はうっとうしいぞーと知らん顔。かれこれ4~5年くらいでしょうか。生後数ヶ月の頃、Finds(小田憶)のテレビCMに出たことがあるんですよ~。「ニャンダフォー」というキャッチフレーズ、聞き覚えのある方、いらっしゃいませんでしょうか。。。
ココアはおっとりした性格で、インコに鼻をつつかれても我かんせず、といった様子。


猫と一緒にいるとホントウに癒されます。こんなオバカな姿になるのはチョロだからなのか。どこの猫ちゃんもオマヌケなのか。。。たまりませんっ。

残暑厳しきおり、猫ネタで自分をほぐしています。きものネタでなくてすみませーん。


ではでは、明日からまた仕事頑張るゾっ!!

2006-08-26

日本情緒漂う他人吉(たにきち)でのんびり夕食



週末はゆっくりした時間を過ごそうと、念願だったあなご料理店“他人吉(たにきち)”に行ってきました。>^_^<

今日お付き合いいただいたのは、最近お手製足袋づくりにはまっている彩mamaさんと幼少の頃から着物生活とご縁のある祥子さん。

食前酒は赤紫蘇味。カットフルーツが入っていて美味しかったです。前菜はイチジク添えのホタテのゴマ味噌和え。これもツルツルっと。贅沢なディナーのはじまり、はじまり。

ブタの角煮と太刀魚のグラタンはどっしりした器に盛られ、アツアツのうちにいただきました。(ブタは残しました・・) おつくりは鯛と鰹のたたき。養殖じゃない鯛は美味しい!

ゆっくり食べればいいのでしょうが、すぐに食べ終わっちゃう。^^; お料理が運ばれてくるまで、煙管愛好家の祥子さんをいろんな角度から記念撮影。
はい、目線こっちにください~。

そして恒例の口あけ写真。ゴマ豆腐の揚げに松茸が付いていました!!今年2度目の松茸。うぅ。幸せです。この後も程よい時間をおいて、タコの三色味付け、鮎の酢の物、あなご飯が食卓に並びました。おひつに入ったあなご飯。3杯もおかわりしました。満腹。

最後はデザートが2種類セレクトできて大満足。お食事の途中、ドドーン、ゴロゴロ・・・という音が鳴り響き、お隣の席の方々が「雨だねー。雷がなってるよ」と言われたので、帰り道が不安になっていたのですが、雷じゃなくて、チチヤスで花火をあげていたことが判明。(雨女になるところでした・・・笑)


彩mamaさんはお義母さまの箪笥の肥やしになっていた絽のきものを裄出しして、この日が夏着物の着収めとあいなりました。桜色の絽の帯に向日葵柄の帯留をコーディネート。ビーズ半衿が残暑の厳しさをふきとばしていました。
(映っていませんが)足元の足袋はもちろんお手製品。試作第4号だそうです。第五号は猫ちゃん柄の足袋かな~。

祥子さんは黄色の染め帯がキリリと引き締まって、紫地のお着物が色っぽい!写真では伝わりにくいので残念ですが、ハッとするほど鮮やかでキレイな紫色。手触りもしなやかで、ホレボレでした。袖丈が長めなのでお手製の長襦袢をコーディネートされていました。チラッと見せていただいた長襦袢は見覚えのある柄・・・。宮島へのそぞろ歩きの時、ギャラリー宮郷さんでゲットした年代モノきものを襦袢の袖にリメイク。あまった生地は裾除けなどに変身。

おふたりともステキなコーディネートでした~。(^.^) うっとり♪ 夜はいくぶん過ごしやすくなりました。きものでのお出かけが楽しくなってきましたよ。

ひろしまきもの遊びはそろそろ1周年を迎えます。何か記念イベントをやりたいんですよね~。季節も良くなってくるし、何しようかな・・・。

2006-08-25

季節の変わり目の長襦袢



長月号Sakura&アレコレvol20が届きました。

アレコレの「きものの基」は“名古屋帯を極める”という特集になっています。お太鼓の大きさは年代によって似合う形が違うのだとか。

大きく分けると3つの形になるそうです。
◎若い方向きは帯山と帯下線に丸みがつく形
◎反対に帯山に丸みをつけずほぼ正方形に近く大きめにしあげるのは年配の方向け
◎ほんのちょっぴり帯山にカーブがついた形が一般的で幅広い年代に似合う形

だとか。

膨らみがあるほうが可愛らしいですもんねぇ。なんとなく年代によって変化する帯の形が分かったような気がします。これは、帯枕にも左右されますよねー。次号ではその違いが紹介されるそうです。
年代だけでなく、出かける場所やシーンによっても理想の形というものがあります。あとは体型。“帯を結ぶ”と言っても、いろんな形に仕上がるものなのですね!トルソーをゲットしたら比較写真とっていきたいです!!


そして、和の生活マガジンSakura(長月号)では「季節の変わり目の長襦袢」について紹介されていました。9月前半までは絽の長襦袢、9月後半からは単衣の長襦袢、そして10月の下旬から袷の長襦袢。ただ、この時期の袷は“胴抜き”仕立ての長襦袢が体温調整しやすいのでオススメだそうです。11月からいよいよ本格的な袷の長襦袢。
テヘ。こんなに持ってないよー。^^; 

毎月届くきもの本。勉強になります。将来はきものサロンを開いて、きもの好きさんに自由に閲覧してもらえるようにしたいです。。。
いつの日か・・・・カフェと併設して。。。。そうなったらみなさん、遊びに来て下さいねっ!!

2006-08-24

親友との再会はラ・セッテで



高校1年生の時、出席番号が前後だったことがきっかけで(よくあるケースです~)、仲良くなったしいちゃん。2年ぶりに会うことになり、ラ・セッテのランチを予約。広島を離れているので、滅多に会うことができないのですが、こうして時間があいて再会しても居心地が良いのは親友だから。いつになくいろいろ悩んでいることがあったのですが、しいちゃんと話をしているうちにスッキリ解消。

聞けば、大阪の高月にお引越しをしたとか。(^.^) おぉ。大阪ですぅ~。これはこれは、きてますよ、大阪行きの流れが。(笑) 秋になったら行きますか!マヤ暦セミナーの日程をチェックして、イコイさんに谷町連れて行ってもらって、そしてしいちゃん邸でまったり・・・。

---

ラ・セッテには初めて行ってきました。メイン通りから外れていて、外観も控えめなのでちょっと分かりづらいですが、ドアを開けて中に入ると店内は明るくて、広々~。テーブルにつくと、こんな可愛い予約カードが置いてありました。(^.^) ステキですね~。きもの遊びのイベントでもこんな演出ができるようになりたいなぁ。

前菜、冷スープ、パスタ、デザートのランチコースをしっかり堪能しました。特にデザートのジェラートはビックリするぐらい美味しかったです♪
さすが、ラセッテです。

写真は最初の2皿しか撮っていません。食べる&しゃべるのに夢中で・・・。


★ラ・セッテ★
La sette
広島県広島市中区広瀬北町2-28
Tel:082-297-1207
営業時間: 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)

※写真撮影はご許可いただきました。
2006-08-22

浴衣で雁木タクシーに乗りました!



広島を流れる6本の川を行き交いする“雁木(がんぎ)タクシー”に乗ってみました。(^.^)
市内に約300ヵ所もある雁木が船着場となり、どこからでも自由に乗り降りできます。定員6名ということで、今回はひろしまきもの遊びのスタッフさんだけのプチイベントとなりました。水上タクシーなので水しぶきを心配していましたが、まったく問題なく、着物や浴衣でも安心して乗船できました。

広島駅前大橋のたもとにある雁木から乗り込み、猿猴川→京橋川→本川→元安川という航路で原爆ドームまで約45分の船旅を楽しみました。

水面から見る景色はいつもの広島とは違った表情があり、船上で身体が風を受け止める感覚は、まるでタイの水上マーケット気分。でも、目に飛び込んでくる風景はハワイかシンガポール。(笑) 45分の間にいろんな国にプチトリップできました。(私だけか!?)

京橋川と本川がぶつかった所にある“サギの中洲”を右手に、水面に映る夕焼け色を眺めながら、しばし、独り自分の世界に・・・。夕暮れ時の何ともいえない寂しさが、私は大好きなんですよねぇ。
このあたりから私は無言になっていたと思います。^^;


本日の終点は平和公園入口。原爆ドーム前です。残念ながらピントがずれちゃってますが全員で記念撮影。
奥から、やっさん、にしD、カミガキさんいりこさんイコイさん

◎やっさんは、先日リサイクルショップのセールでゲットした浴衣に赤系の半幅帯をひとヒネリ♪
◎にしDは紺色の夏きものに羅の帯をコーディネート。帯留はガラスの箸置。
◎カミガキさんは爽やかな水色地の浴衣に生成色の半幅帯で花文庫アレンジ。香り袋をさりげなくしのばせていたのがおしゃれでした~。レース半衿をつけて、きもの風にコーディネートされていたのもグッド♪
◎いりこさんは白地きものに鮮やかな浅葱色の帯。清楚な雰囲気をかもし出していましたー。
◎そしてイコイさんは大きな縦縞のきものに白帯。大胆な柄つけですが、全体的に色のトーンが落ち着いているので、お顔がいつも以上に優しく映っていました。(^.^)

みなさんとってもステキ♪

私は、実家の箪笥に眠っていた反物を仕立てた浴衣。お仕立ては“海辺の着物お仕立て屋”さんにお願いしました。(^.^) とても丁寧に仕上げていただきましてありがとうございました。m(__)m

雁木タクシーナイトクルーズの後は和民でおなかいっぱい食べましたっ☆

2006-08-21

追加開催決定!お昼なのにお月見茶会♪



残暑厳しいですが・・・みなさんお元気そうですね。(^.^)

さて!!
9月からはじまる“温故知新セミナー”の第一弾として予定している「十五夜より一足早く普段着きもので楽しむ“お昼なのに月見茶会”」ですが、好評につき、同内容のレッスンを追加開講していただけることになりました!

平日は仕事があるから~と諦めていた人、朗報ですヨ♪

>>http://www.kimonoasobi.info/onko/daytukimi.html


開催日は(1)9月7日(木)、(2)9月10日(日)の両日。
※定員いっぱいになりましたので受付終了しました!


“お昼なのに月見茶会”にはお茶会初体験のスタッフも参加します。(^.^)
まずはお茶の世界を一緒に楽しみましょう~。

初心者ならではの質問も大歓迎!

2006-08-20

久々に着物でお食事



広島に帰省中のイコイさんを囲んでお食事会をしました。(^.^) 

場所は、虎之介。「こんなトラの屏風が見れるなんてすごーい!」と思って予約したのですが、前にも一度行ったことのあるお店でした。(笑) 女性スタッフさんに個室に案内してもらったのですが、お部屋の担当者さんが気の利く方で、「(着物だから)少し広めのお部屋に変えましょうか?」と言ってくださいました。§^。^§ おかげさまで、ゆったりお食事ができました。


イコイさんは桃色の江戸小紋調っぽい可愛らしいきものに白帯で爽やかさ倍増。
イコイさんと同じ着付け学校に通っている由貴さんは黒地に白やブルーの太めの縦島きものに白帯。ゆらゆら揺れるピアスをしていて、いろっぽかったんですよ~。
で、猫シャツに身を包んだMIYAさん。最年長さんでした~(ってバラしてごめーん!)


そして、イコイさんと同じ名前の沙琴さん(って、意味わかんないですよねー。本名がね、同じなんですよ)もお誘いして、沙琴さんのきもの友達の野村さんも参加。野村さんのことは沙琴さんからいっぱいお聞きしていたので、お会いできて嬉しかったです。(^.^) この日は、紺地の浴衣に茶系の帯を締めていらして、粋でした。私と同級生さんです。


初対面同士の方が多かったのですが、それぞれに共通点があって、なんだか会うべくして出会ったという感じでした。それは沙琴さんが教えてくれる「マヤ暦」でも納得でき、18:30から始まった食事も、気がつけば、23:00前。^^; すっかり遅くなっちゃいました。。。

みなさん、マヤ暦ってご存知?話を聞けば聞くほど奥が深くて、それいで神秘的&パワフル。沙琴さんが教わったマヤ暦の先生によるセミナーが広島でも開催されるそうなのですが、すでに定員オーバー。本拠地の大阪まで勉強しに行こうかなぁなんて思う今日このごろです。

2006-08-19

一重太鼓の結び方テキストづくり



RCC文化センター着付け教室の生徒さんから、「一重太鼓の結び方が覚えられないー。テキスト欲しいぃー」とご要望があり、テキストづくりのために写真撮影をしてきました。久々に袷を着ると重かった・・・。^^;

生徒さんが悩んでいるのは、胴に二巻きした後の“折りたたみ”方。

結ぶ方法もありますが、私は結びジワがつかない折り畳み方式。
(ねじる方法もあるみたいですが、みなさんはどのように?)

折りたたむときの手さばきが分かりづらいようでしたので、ここのステップを重点的にいっぱい撮影しました。これからテキストづくりです。



撮影のときもやってしまったのですが、帯枕をつけた後、帯揚げをかけるのを忘れて、さっさとお太鼓をつくってしまうんです。^^; これはクセですね。先を急ぎすぎるようですぅ~。



2006-08-18

先日のセールでゲットしたもの・・・



すっかりご無沙汰しました。フェードアウトしそうで、自分でも怖かった・・・^^;

さて、お盆休み突入前、横川のきものリサイクルショップで3日間セールが開催されていたので、やっさんと彩mamaさんと3人で行ってきました☆
(今ごろアップするのもどうかと思いますが、夏休みの日記ってことで回想モード)

店内30~20%OFF。私はもっぱらきものより帯狙い。辛子系の帯が欲しかったのですが、ちょっと脱線して、秋色(笑)の紬帯をゲット。色あいも私好みですが、何と言っても紬の風合いが直球ど真ん中。

これは、袋名古屋帯です。 八寸幅(約30cm)で、太鼓の部分が折り返して二枚合わせにかがってあります。八寸名古屋帯とも言うんですよね。二枚あわせにしてあるので、お太鼓部分が厚くて、しっかりしています。

どんなコーディネートにしようかなぁ~。

ん?おや!?よくよく見ると、右の花はハートの形をしていますよ・・!あらら。ちょっと私には可愛らしすぎますね。。


ではでは、やっさんの戦利品をご紹介。
生成り色地に濃紺の花模様があしらってある浴衣と、近くでみるとまるでコーヒー豆(笑)の総柄単衣きもの。浴衣はきもの風にもアレンジできそうですね。単衣は遠くからだと色無地っぽく見えてオシャレ。あとは紬の帯と、沙の博多帯の形4点をゲット。これで6,000円ちょっと。(^.^)

そして、彩mamaさんは、とってもとってもとっても柔らかくなった黒繻子(しゅす)の帯。喪の帯ですが、色をきかせて、結び方を工夫すれば、普段使いできますよね~。(邪道・・・といわれるかもしれませんが。)
で、さっそく、おうちに帰られた彩mamaさんが結んだ様子の写真を送ってくださいました♪
ほっほー。大人兵児帯みたいですねっ!!いい感じです。(^.^) 私の画像処理が下手クソでちゃんと細部までお伝えできないのが残念ですが。
お値段はビックリする価格なのでここでは内緒にしておきます。(笑)

黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。