2006-01-30

きもので営業講師やっちゃう!?



きもの大好き~と言いまわっている私のもうひとつの顔(笑)は、Webサイトプロデューサー(えぇ、自称ではありますが・・・)。主に企業さまからWebサイト構築のご相談を受け、コンテンツの提案から制作、運営までトータルでサポートさせていただいているのですが、私は営業がとっても苦手なんです。というか、キライ。それなのに、仕事でいつもお世話になっている(有)楽まうくのNさんから「営業の楽校(がっこう)のセミナー」で講師をお願いされてしまいました・・・。

営業は靴を履きつぶしてなんぼ!と言われているのが常なのに、私にはそんな経験がありません。Nさん、けっこう冒険ですよ、私に話を振るなんて・・・。(笑)

今日はその打ち合わせ。きもの着た~いと前から言っているNさんとの打ち合わせだったせいか、話の内容がだんだんだきもの遊びのイベントへのお誘いになり、気づけば、ふたりして大笑い。これじゃ、商談ならぬ笑談ですね。これがいわゆる、私流の営業だそうです。(汗)

それにしても、自力で目隠しをする髪技はすごいっ!(あっぱれ~)
そんなに露出するのがイヤだったんですねー。(笑)
>> Nさんの切れ味するどいブログでもしっかりご紹介いただいております~


「営業の楽校」という名称ですが、オープンスペースとなっていて、基本的に外部の方でも自由に部屋を利用することができます。営業に特化しているわけではないので、きもの遊びのスタッフミーティングの場としても利用させていただいてます。
本日はきもの遊びのNディレクターと3月のイベントについて打ち合わせをしてきました。講師の打ち合わせより真剣な顔している私。。。
2006-01-29

ファッションショーのときのわ・た・し



ファッションショーの時のきものは薄いグレー地に黒のラインが上から下まです~っと1本筋に通っている小紋タイプ。黒地部分には白の刺し子刺繍のような装飾がほどこされています。一目惚れしたきもので、お気に入りのひとつです。

帯は京都のリサイクルショップで購入した名古屋帯。濃い紺地に梅や松、鶴などおめでたい文様が描かれています。前帯の外側にはポケットがついていて、面白いんですよ~。ただ、長さが短いので、お太鼓はできません。角だしも上手にできないので、タレさきを帯締めで持ち上げるような感じで締めています。袋になったところに手ぬぐいをいれて、膨らみをだしています。
ツノなし角だし・・・?

ショーのステージでは少しばかり緊張しましたが楽しませてもらいました。
2006-01-28

新春きものファッションショーに参加♪



人材バンク&エンジョイきもの同好会主催の“新春きものファッションショー”に参加してきました~。(^.^)
総勢25名くらいでしょうか、小紋、留袖、訪問着、つけ下げ、振袖、紬などなどいろんなコーディネートの方が参加。とってもとっても華やかでしたっ!

ショーは14:00スタートでしたが、12:00には集合して、それぞれグループに分かれて練習。会場となった市民交流プラザ前で集合写真を撮ったあとはみんな記念写真をとりまくり。(笑)

ベテランさんは初心者の方の着付けを直してあげたり、コーディネートについていろいろアイデアを交換しあっていました。私も今日は変わり結び(タレ流し~)をしていたのですが、膨らみがたらなくて、ベテランさんが手ぬぐいを貸してくださり、なんとか格好がつくようにしていただきました。(^.^) (結び方についてはまた後日・・・写真付きで・・・)

【左】同じ着付け学校出身の方々。盛り上がる話もあり・・・。(笑)
左:八掛けがイチゴだったのー。 右:ご主人からの贈り物の白大島!

【中】黒の振袖。サクラ柄で、一部のサクラが縁取りしてあってオシャレでした

【右】娘さんがSOHO博のときの私のきもの姿に感動されていたそうで・・・
おばあちゃんと一緒に着付けて参加されていました。
(Nakopon~、懐かしいでしょー。(^.^)

そして、ひろしまきもの遊び主催のクリスマスパーティにも参加してくれた彼女達とも記念撮影♪
ふたりはお休みのときはできるだけきもので過ごすようにしているそうで、先日開催された世羅別館での女正月にもきもので参加されていました。(^.^)
写真では分からないと思いますが、左の彼女の帯はヘコ帯で、レース付き!めちゃめちゃオシャレで可愛いかったんですよ~。
で、右の彼女の半襟もやっぱりシースルーレースで、とってもかわいかった!ヘアスタイルもお団子を互い違いにアレンジしてて、やっぱり若さが違う!(笑)

で、本日のサプライズ!またまた岩国の村田さんが駆けつけてくださいましたっ!!!もー、嬉しいですぅ~。岩国でイベントされる時は必ず駆けつけますからね!!
それでもって、今日のコーディネートも眩しかったっす!はい。みんなの視線を集めていました。新聞記者さんが取材にきていたのですが、村田さんの装いが目立っていたので、主催者さんだと勘違いされるしまつ。笑いばなしです。
(「黒柳てつ子が来とるー」と誰かが言っておりました。。。(笑))
今月の岩国市内のローカル雑誌で村田さんが掲載されたということで、1冊いただきました。しっかり、ひろしまきもの遊びのことも紹介してくださっていて感動もんです。(^.^) これもまた後日ご紹介しますね!

ショーは1時間40分にわたり開催され、来場者の半分は和服でした。そんななか、応援に駆けつけてくれたテルミー!ありがとうでした。(^.^)嬉しかったよぉ~。

ショーの後はみんなでお茶をしに行きました。道中、目立っていましたね~。
まるでそぞろ歩きのような感じでした。みんなが振り返っていました。(^.^) 気持ちいい~。(笑)

はじめて参加しましたが、「きもの」という共通のテーマがあるので、すぐに打ち解けられますね!エンジョイきもの同好会は呉が活動拠点ですが、広島市内でもよくイベントを開催されています。2月には縮景園への梅見会が開催されます。いろんな形できもの好きさんたちとの輪が広がればいいな~と思いました。

だって!あの「男たちの大和」にエキストラででた人とか、アルバイトで巫女さんをしている人とか、国家検定一級和裁技能士さんとか、ほんとにいろんな方がいらっしゃるんだもん!

みなさん、お疲れ様でした!そして、楽しい時間をありがとうございました~。

興味のある方!来年のショーに一緒にでませんかっ!!

2006-01-27

長襦袢が完成しました~



2,000円 4,000円でゲットした反物。
洗える素材(ポリ)。
きものに仕立てようか羽織にしようか・・迷った結果、長く着まわせる“長襦袢”に仕立ててもらいました。(^.^) 

自分サイズにすると既成品のきものとあわないので、市販されている襦袢の“Lサイズ”と同じにしました。こうすると、既製品のきものも誂えのきものも問題なく着れます。(^.^)

二部式にすると料金がアップすると聞いたので(とにかく今貧乏・・・汗)、ワンピースタイプでオーダー。袖は無双袖じゃなく袷。衣紋抜きがついていないので、後でつけよう。

普段に着る襦袢は洗えるタイプが気楽でいいです。(^.^) 

あとは半襟をつけるだけ。。。
2006-01-26

がんぼ取材の時のわ・た・し



がんぼの取材は2005年12月27日に行われました。
ちょっぴり大人っぽく、ほんの少し背伸びしたコーディネートで。。。

と言いつつ、いやしくお食事中。(笑)

お酒、飲めないのですが、興味はあるんです。
せっかくなので挑戦してみました。
とっても飲みやすかったです。
銘柄は忘れました・・・。有名なお酒だった記憶が。。

あなご釜飯を頬張っています。写真撮影のため残念ながら熱々を頂くことはできなかったのですが、冷めても美味しいですね。(^.^)

フォトグラファーも神垣ライターもまだ仕事が残っていたのですが、私はきものモデルの任務終了。というわけで、一足先にご飯をいただきました。(^.^)

この日のきものは、黒田紬に博多帯。どんたく祭の模様入り。きものも帯もブラック系なので帯揚げには色を差してみました。

たまにはこんな風に大人っぽく・・・。
2006-01-25

SAKURA2月号



SAKURAの如月号が届きました~。今月の特集は「組紐浪漫」。

まだ全部読んでいませんが、組紐の組み方の基本は、組、打、撚、巻が原則だそう。で、それぞれの特徴を作り出すためにいろんな種類の“組み台”があるそうです。

◆高台(たかだい)
◆丸台(まるだい)
◆綾竹台(あやたけだい)
◆角台(かくだい)
◆内記台(ないきだい)

面白いですね。

カルチャーセンターや着付け学校で「組紐コース」なんてものを見かけることがありますが、どんな感じなんでしょう。一度、体験してみたいです。

記事の中に帯締めの房のお手入れ方法が紹介されていましたので、こちらでちょこっと紹介。

----------
【房がぼさぼさに・・・。きれいに整えるためにはどうしたらいいですか?】

湯のしをしてください。
やかんにお湯を沸かし、沸騰した後、房を注ぎ口から15cmほど離して、湯気を数秒当ててください。気をつけて欲しいのは、その時に、付け根には当てないこと。その後、つげ櫛で解いてください。ちょっと面倒ですが、この一手間が、帯締めを長生きさせる秘訣です。

※湯のし前と後では、房の艶が全く違ってくるそう
※湯のしには、つげ櫛が必須。プラスティックは房を傷つけるそう
----------

んー。確かに面倒くさい。。。

みなさんはどんな風にお手入れされていますか?


2006-01-24

あの“がんぼ”に掲載していただきました~



季刊誌“がんぼ”、みなさんご存知ですよね!

今月の特集は「大人の食空間 広島を元気にする人が通う店」

やっぱり食べ物ネタなんですが、おすましした顔で誌面を騒がせております。(笑)

きもので出かけていきたい場所の一つとして、兼ねてからお邪魔させていただいている日本料理店の蔵さんをご紹介させていただきました。

インタビューアーはライターの神垣あゆみさん。気心の知れた方に取材していただいて、飾らず話すことができました。店内の雰囲気にも癒され、撮影日はリラックスしていました。(^.^)


がんぼは有限会社南々社が発行している季刊誌で、テーマは「ひろしまの人、物、文化をホンネで語り合う総合誌」。

ぜひ手にとってご覧ください。(^.^)

------

余談ですが、同号でブログの特集も組まれています。そこに、あの(笑)きのぴーが登場していてビックリ!
きのぴーがブログにがんぼネタ書いたらTBしよう。(笑)
きのぴーがブログにがんぼネタを書いたようなのでTBしました。(笑)

みなさん、きのぴーって知ってる?
2006-01-23

鯉雪駄・・・買っちゃった



男ものの雪駄が履きたくなったんです。
前から気になっていた鯉刺繍の雪駄。
ついに手を伸ばしてしまいました。^^;

畳表の3層になった雪駄と迷ったのですが、けっきょく鯉さんに軍配が。

これは、撫松庵の2005年夏草履の最新作だったもの。台の表面には綿が使われていますが、シャリシャリしてて手触りが気持ちいい。足元が粋に演出できそうです。

どのきものとコーディネートしようかな~。縞・・・モダン柄・・・どうしよぉー。


ま、とりあえず、鯉大好きさんのYデザイナーのブログにTBしておこう。
どうよ?

2006-01-22

そぞろ歩き~



ひろしまきもの遊び主催で第1回きものでそぞろ歩きを開催しました!
そぞろ歩きの様子は本家サイトで紹介していま~す CLICK!
お天気が崩れるかも・・・と心配したのですが、晴天でそぞろ歩きにはとっても気持ち良かった。パルコ前に集合して本通りを通り抜けて・・・。みんなの視線が釘付け!?楽しかった~。



前日までインフルエンザで倒れていましたが、今日は朝から元気♪コーディネートにもヒネリをいれて参加。

まずは襟元。数週間前にテレビ出演していた鈴木杏樹がこんな着方をしていたんですよね~。かわいい!と思って、真似しました。衿が二重になっているんです。重なり方は十二単みたいな感じなんでしょうね。いつもの半襟の上にもう一枚半衿を両面テープ(爆)で貼り付けています。即席・・・。

抜いた衣紋にもちょっと工夫。これは、Nakoponが作ってくれた梅を安全ピンでつけています。今日はコート着て歩くので、人の目にふれるところをオシャレにしよ~と思っただけです。(ま、要するに目立ちたいわけです。。。)
でも、私はデカイので自分から言わないと気づいてもらえませんでした~。(笑)


はい。トータルでみるとこんな感じ。帯揚げが歪んでいますが、赤色を差してみました。新春っぽくコーディネートできているかな。。。

このきものは1月3日にも着たものですが、帯が変わると雰囲気も変わりますね。お正月には金糸・銀糸の帯を締めてシトヤカ~な感じにコーディネート。今日は黒ベースでメリハリをつけて活発系に。衿元にも紫+紺を入れたので、動きがでました。(^.^)

コーディネートって面白い♪


2006-01-17

日本食“蔵”さん



蔵を改装して日本料理のお店として営業されている“蔵”さんに、ひろしまきもの遊び新聞の取材を兼ねてランチに行ってきました。
※これは私がインフルエンザにかかる直前のことです。。。(笑)

看板はでていません。
本当に蔵なんです。(^.^)
大小さまざまなサイズの石が積み重ねられた上にはたたずむ白壁。和服姿がとっても似合います。
打ち水がしてあり、一歩一歩階段を上る足も軽やかに。
懐かしい空間が広がってきます。

扉を開けると目の前に広がる昔懐かしい“おうち”の空間。正面には季節を先取りした生花が生けてあります。ご主人自らの手によるもの!すごいですよ★

右手には続きの和室が2つ。掘りごたつ式になっているので和服でも疲れません。ひと部屋20名。
それから左手にはカウンタータイプの部屋。廊下を進んでいくと奥にはテーブル席。ここが蔵の真髄。

今日は、カウンター席でおもてなししてくださいました。写真ですべてをお伝えすることができないのが残念ですが、水の流れがあり、灯りとりから入る陽が温かく、のんび~りできる一室でした。





取材を兼ねていたので、ひろしまきもの遊びのディレクターNは写真撮影も忘れずに。そんな様子をのほほんと私が横から撮影。

小物の演出も粋。お料理は全体的に薄味で素材の味を生かしていました。美味しかった~。


前菜、吸物、お造り、焼き物、椀、酢の物、ご飯、水菓子。おなかもいっぱい。ご飯はあなごの釜炊き。ご飯はおむすびにしてもらいました。(^.^)

-----

蔵のご主人:友安健さん。次号のフリーペーパーでしっかりご紹介させていただきます。(^.^)
近々、南々社から発行されている「がんぼ」でも紹介されますよ~。
黒ねこ時計 くろック B02
プロフィール

sawai

Author:sawai

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR